RPGツクールMZ用プラグイン投稿・告知サイト

#ツクプラMZ

MZ用プラグイン

Mano 条件分岐付きの選択肢を作成 - Mano_ChoiceCustom.js

シェア用テキスト:
▼Mano 条件分岐付きの選択肢を作成(しぐれん様作) - Mano_ChoiceCustom.js
https://plugin-mz.fungamemake.com/archives/2116
条件分岐付きの選択肢を作成できます。条件分岐の関係で選択できるものが存在しない場合、選択肢は表示されません。

ふりがな:じょうけんぶんきつきのせんたくしをさくせい

機能概要: 条件分岐付きの選択肢を作成できます。条件分岐の関係で選択できるものが存在しない場合、選択肢は表示されません。

利用規約(ライセンス): MITライセンス

作者:しぐれん

作者サイト:https://github.com/Sigureya/RPGmakerMV

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/Sigureya/RPGmakerMZ/m…

ファイル名:Mano_ChoiceCustom.js

プラグインのヘルプ:

/*:
 * @plugindesc 選択肢を表示し、結果を変数に保存します。
 * Show choices and save the result to a variable
 * @author しぐれん(https://github.com/Sigureya/RPGmakerMV)
 * 
 * @target MZ
 * 
 * @help
 * 条件分岐付きの選択肢を作成できます。
 * 条件分岐の関係で選択できるものが存在しない場合、
 * 選択肢は表示されません。
 * 
 * 選択結果は変数で受け取ります。
 * 選択が失敗した場合やキャンセルの場合があるので、
 * コマンド実行前に初期値を設定しておきましょう。
 * キャンセル・失敗時には変数は変更されません。
 * 
 * 文章と選択肢を同時に表示する場合、
 * このプラグインに搭載されている文章の表示を使う必要があります。
 * 
 * 
 * 2020/09/24 公開
 * 
 * アクター選択で、顔グラフィックとか歩行グラフィック使うのも実装したい
 * 
 * @command showMessage
 * @text 文章の表示/showMessage
 * @desc 選択肢と文章を同時に表示する場合は、
 * このコマンドを使用してください。
 * 
 * @arg text
 * @desc 表示する文章/text
 * @type multiline_string
 * 
 * @arg speakerName
 * @text 名前/name
 * @desc 会話しているキャラの名前
 * @type string
 * 
 * @arg face
 * @text 顔グラフィック/face
 * @type file
 * @dir img/faces/
 * 
 * @arg faceIndex
 * @text 顔番号/faceNumber
 * @desc 顔グラフィックの番号/faceNumber
 * @type number
 * @default 0
 * @max 7
 * 
 * @arg positionType
 * @text 表示位置/position
 * @type select
 * @option 上/Top
 * @value 0
 * @option 中/Center
 * @value 1
 * @option 下/Bottom
 * @value 2
 * @default 2
 * 
 * @arg background
 * @text 背景/background
 * @type select
 * @option ウィンドウ/window
 * @value 0
 * @option 暗くする
 * @value 1
 * @option 透明
 * @value 2
 * @default 0
 * 
 * @command customChoice
 * @text 選択肢/customChoice
 * @desc スイッチで表示を切り替えられる選択肢です。
 *  
 * @arg basicParam
 * @text 基本設定/BasicParam
 * @desc 結果の代入先などを設定します
 * @type struct<ChoiceBasicParam>
 * @default {"variableId":"19","displayMode":"choice","cancelEnabled":"true","cursorSave":"0"}
 * 
 * @arg list
 * @text 選択肢リスト/choiceList
 * @type struct<SimpleChoiceItem>[]
 * @default []
 * 
 * @command commonEventChoice
 * @text コモンイベントの選択/commonEventChoice
 * @desc 選択肢の処理の後、対応したコモンイベントを呼び出します。
 * Process the choices and call the corresponding common event.
 * @arg basicParam
 * @text 基本設定/basicParam
 * @desc 表示形式などを指定します。
 * (変数の番号の指定は無視されます)
 * @type struct<ChoiceBasicParam>
 * @default {"variableId":"19","displayMode":"choice","cancelEnabled":"true","cursorSave":"0"}
 * 
 * @arg list
 * @text 選択肢リスト/choiceList
 * @type struct<CommonEventChoiceItem>[]
 * @default []

 * 
 * @command memberChoice
 * @text パーティメンバーの選択/memberChoice
 * @desc 現在のパーティメンバーの中から一人を選択します。
 * 変数へ選択したアクターのIDが代入されます。
 * 
 * @arg basicParam
 * @text 基本設定
 * @desc 結果の代入先などを設定します
 * @type struct<ChoiceBasicParam>
 * @default {"variableId":"19","displayMode":"choice","cancelEnabled":"true","cursorSave":"0"}
 * 
 * @arg fillterConditionExpr
 * @text 判定式
 * @desc リストの除外判定に使います。trueの物のみ表示します。
 * aという変数にアクターが入っています(ダメージ式と同じ)
 * @type multiline_string
 * @default true
 * 
 * @command ActorCcehoi
 * @text アクターの選択
 * @desc パーティの内外を指定して、アクターの選択肢を表示します。
 * 
 * @arg basicParam
 * @text 基本設定/basicParam
 * @desc 表示形式などを指定します。
 * @type struct<ChoiceBasicParam>
 * @default {"variableId":"19","displayMode":"choice","cancelEnabled":"true","cursorSave":"0"}
 * 
 * @arg isOutMember
 * @text パーティ外メンバーを表示
 * @type boolean
 * @default true
 * 
 * @arg isInMember
 * @text パーティ内メンバーを表示
 * @type boolean
 * @default false
 *  
 * @arg list
 * @text 表示するアクターのリスト
 * @type struct<ActorChoice>[]
 * @default ["{\"actor\":\"1\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"2\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"3\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"4\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"5\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"6\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"7\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"8\",\"switchId\":\"0\"}"]
 * 
 * @command ActorAdd
 * @text パーティに追加する/memberAdd
 * @desc 控えキャラクターをパーティに加えることに特化した内容です。
 * 加入処理まで自動で行います。
 * 
 * @arg basicParam
 * @text 基本設定/BasicParam
 * @desc 結果の代入先などを設定します
 * @type struct<ChoiceBasicParam>
 * @default {"variableId":"19","displayMode":"choice","cancelEnabled":"true","cursorSave":"0"}
 * 
 * @arg list
 * @text アクター一覧/actorList
 * @type struct<ActorChoice>[]
 * @default ["{\"actor\":\"1\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"2\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"3\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"4\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"5\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"6\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"7\",\"switchId\":\"0\"}","{\"actor\":\"8\",\"switchId\":\"0\"}"]
 * 
 * @command getMemberCount
 * @text パーティ人数の取得/getMemberCount
 * @desc memberRemoveの補助用コマンドです
 * 
 * @arg variableId
 * @text 保存先変数/variableId
 * @type variable
 * @default 0
 * 
 * @command memberRemove
 * @text パーティから外す/memberRemove
 * @desc 警告:パーティメンバーが一人の時はエラーが発生します。
 * warning: An error will occur if there is only one party member.:パーティメンバーが一人の時はエラーが発生します。
 * 
 * 
 * @arg basicParam
 * @text 基本設定/basicParam
 * @desc 表示形式などを指定します。
 * @type struct<ChoiceBasicParam>
 * @default {"variableId":"19","displayMode":"choice","cancelEnabled":"true","cursorSave":"0"}
 * 
 * @command classChoice
 * @text 職業の選択/classChoice
 * @desc 職業を一つ選び、そのIDを変数に保存します。
 * Select one profession and save its ID in a variable.
 * 
 * @arg basicParam
 * @text 基本設定/basicParam
 * @desc 表示形式などを指定します。
 * @type struct<ChoiceBasicParam>
 * @default {"variableId":"19","displayMode":"choice","cancelEnabled":"true","cursorSave":"0"}
 * 
 * 
 * @arg list
 * @text 職業リスト/classList
 * @desc 職業の一覧です。
 * @type struct<classItem>[]
 * @default ["{\"classId\":\"1\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"2\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"3\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"4\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"5\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"6\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"7\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"8\",\"switchId\":\"0\"}"]
 * 
 * @command classChange
 * @text 職業の変更/classChange
 * @desc 対象のアクターの職業を変更します。
 * 
 * @arg basicParam
 * @text 基本設定/basicParam
 * @desc 表示形式などを指定します。
 * @type struct<ChoiceBasicParam>
 * @default {"variableId":"19","displayMode":"choice","cancelEnabled":"true","cursorSave":"0"}
 * 
 * @arg actorIdVariable
 * @text アクターIDを入れる変数/actorId
 * @type variable
 * @default 17
 * 
 * @arg keepExp
 * @text レベルの保持/keepExp
 * @type boolean
 * @default false
 * 
 * @arg list
 * @text 職業リスト/classList
 * @desc 職業の一覧です。
 * @type struct<classItem>[]
 * @default ["{\"classId\":\"1\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"2\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"3\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"4\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"5\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"6\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"7\",\"switchId\":\"0\"}","{\"classId\":\"8\",\"switchId\":\"0\"}"]
 * 
*/

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-MZ用プラグイン

Copyright© #ツクプラMZ , 2021 All Rights Reserved.