MZ用プラグイン

戦闘中のセリフ表示 - SpeakInBattle.js

シェア用テキスト:
▼戦闘中のセリフ表示(MihailJP様作) - SpeakInBattle.js
https://plugin-mz.fungamemake.com/archives/1235
戦闘中に表示される台詞を設定します。メッセージウィンドウと違って小さく入力待ちがありません。フロントビュー戦闘にのみ対応しています。

ふりがな:せんとうちゅうのせりふひょうじ

機能概要: 戦闘中に表示される台詞を設定します。メッセージウィンドウと違って小さく入力待ちがありません。フロントビュー戦闘にのみ対応しています。

利用規約(ライセンス):Unlicense(パブリックドメインとほぼ同義)

作者:MihailJP

作者サイト:https://github.com/MihailJP/

ダウンロードページ:https://raw.githubusercontent.com/MihailJP/mihamzplugin…

ファイル名:SpeakInBattle.js

プラグインのヘルプ:

/*:ja
 * @target MZ
 * @plugindesc 戦闘中のセリフ表示
 * @author MihailJP
 * @base PluginCommonBase
 * @base ExtraWindow
 * @url https://github.com/MihailJP/mihamzplugin/blob/master/SpeakInBattle.js
 *
 * @param duration
 * @text 表示時間
 * @desc 表示時間をフレーム単位で指定します。
 * @default 60
 * @type number
 * @min 0
 *
 * @param switchId
 * @text 表示スイッチID
 * @desc ExtraWindowプラグインで指定したスイッチ番号を指定します。
 *       ここで指定した番号から連番で8つが対象になります。
 * @default 1
 * @type switch
 *
 * @help SpeakInBattle.js
 *
 * 戦闘中に表示される台詞を設定します。メッセージウィンドウと違って小さく
 * 入力待ちがありません。
 * このプラグインはフロントビュー戦闘にのみ対応しています。
 *
 * 敵キャラのメモ欄に <BattleMsg1:〇〇〇〇〇> のように設定しておきます。
 * スキルのメモ欄に <enemySpeaks:1,2,3> のように設定することで、そのスキルを
 * 敵が使用したときに、指定したメッセージIDのメッセージが登録されていれば
 * そのメッセージ(複数指定されている場合はランダム)が表示されます。
 * また、speakPredefined コマンドで敵インデックスとメッセージID
 *(BattleMsgの後の番号)を指定して表示することもできます。
 *
 * このプラグインは ExtraWindow プラグインを利用します。
 * ExtraWindow側で、SceneName を ”Scene_Battle”、SwitchId を連番にした
 * 8つのウィンドウを用意しておく必要があります。
 * x、y、width の設定は無視されます。位置とウィンドウ幅は自動調整されます。
 *
 * @command speakPredefined
 * @text 定型メッセージを表示
 * @desc 定義済みのメッセージを表示します。
 *
 * @arg enemy_index
 * @type number
 * @text 敵インデックス
 * @desc 敵インデックスを指定します。
 * @min 1
 * @max 8
 *
 * @arg message_id
 * @type number
 * @text メッセージID
 * @desc メッセージIDを指定します。
 */

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-MZ用プラグイン

Copyright© #ツクプラMZ , 2024 All Rights Reserved.